金融を制す者が世界を制す

我が日本国が本来の力を取り戻すためには金融で世界を制す必要がある。

金融が倫理的に良いものだとか悪いものだとかそんなことはどうでもよく、実際に世界を制しているのは資源と金融なのだ。

差したる資源の無い日本が世界を再び牛耳るためには金融しかないのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

徴税とは

徴税とは権力により正当化された強盗であるということをゆめゆめお忘れなきよう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

この国にクソ野郎が増殖している原因

この国は精神の根底に国を守るという意識が欠落してしまっている。その一段浅いところの家族を守る、もしくはそのさらに一段浅い自分を守るというところが、底になってしまっている。

なぜ、国を守るという意識が欠落してしまったかというと戦争に負け、戦後のシステムを国をベースにするものから家計や個人をベースにするものに変えられてしまったからだ。

国があって初めて家計や個があるという他の国では自明の理念がこの国には無くなってしまった。

戦前の世代の方々がまだ何らかの形で社会や家庭に影響を与えていた時代は、大っぴらには公言しないものの、生きることの根底に国を置く思想が残っていた。しかし、当たり前のことだが、戦前の生まれの方々は減っていき、平均寿命を考慮すると2010年以降は大きく減少している、このあたりから、この国には、自分さえ良ければ良いという思想が、これまでの悪いもの、恥ずべきものとしてではなく、寧ろ、当たり前のこと、良いこととして捉える社会になってしまったのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

時代を乗り越えた本を読む

新しい知識、アイデア、考え方が欲しければ時代を乗り越えて受け継がれてきた名著を読むべきである。

今、あたかも、新しいものとして受け止められている考え方はそのほとんどが既に名著に書かれている。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

相場

相場ほど魅力的なものはない。心、技、体、全てが揃っていないとなかなか勝てない。中でも大切なものは、心=精神力である。シンプルに自分の方法を信じて戦うしかない。周りは気にせず、自分の信じた道を行くしかない。誰がなんと言おうと、それしかないのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

自分を知らないと振り回される

自分を知らない者は、自分が望むものを理解していない、また同時に自分が望まないものも理解していない。が故に、自分を知っている者の望む様に振る舞わされてしまう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

感情は理性を上回ることを知る

感情は理性を上回ることを知らなくてはならない。ただ、常に理性的に振舞っているように見える人がいる。彼らは、最初から感情的にならないタイプなのもあるが、理性的であるように日々鍛錬をしているのである。理性的であるためには、理性が感情を抑えるには鍛錬が必要だということを知る必要があるし、仮に、感情的になったとしてもそれは仕方がないことだと割り切り、まだ、まだ自分は鍛錬は足りないんだと考えるようにする必要がある。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

死ぬ時に幸せと思えたら勝ちという意見に対して

死は誰にでも公平に訪れるものであり、人生の勝負を決するのは、死ぬ時に自分の人生は良い人生だったと思えるかどうかだという御仁がいるが、全くのデタラメだ。死は突然訪れるからそんなこと考えている暇などない。だから、日々、幸せだと感じることが重要であり、できるうる限り不快な思いをしない生き方を選択しなければならない。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

人は見た目で判断する

「人は中身ではなく外見で判断してしまう。見る目は持っていても、観る才を持っていない。」とはマキャベリの言葉だが、今般のボディメイクブームは健康への配慮もさることながら、この人間の習性によるものが大きいのだろう。逆に言えば、観る才を持てる人間が絶滅危惧種なのだろう。絶滅を止める一助となりたいものだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

女について

それなりの数の女と付き合ってきたが、女のことは全く理解できない。寧ろ、謎が深まるばかりである。金が死ぬほど好きなくせに、金のない色男が異常にモテたりする。色々と相談してくるから、解決策を提案するとつまらなそうな素振りをする。優しい男が好きというが、未だにその定義がわからない。抱くまでは必要以上に余所余所しいのに、抱いたら必要以上に馴れ馴れしくなる。裏表なんてのは当たり前で、大体5種類の顔を持っている。物凄く恐ろしい性格をしているが、物凄く優しくもある。複雑怪奇である。男は女を理解しようとするべからず。

カテゴリー: 未分類 | コメントする