大敗

資産が数百億円の人と麻雀を打った

ラオウの様な迫力だった

完全に気圧され、流れを最後まで引き寄せることができなかった

腹の括りと修羅場の数からくる圧倒的な落ち着きと凄みに太刀打ちができずに大敗を喫した

技術的に勝るものは感じなかった

しかし、その迫力に勝る自分の技術への信頼を持つことができなかった

麻雀

早稲田に入って良かったのは麻雀に打ち込めたことだ

毎日のように澤田屋で麻雀を打ってた

麻雀は論理的思考、記憶力、相手を見る洞察力、押し引き、そしてやはり最後は運で決まる

ここでも他の勝負と同じで最後は運で決まるが、運が良かった悪かったと言えるほどつまり人知が及ぶところまで技術力を向上させることができるかどうかである