受験の勝利と運

高校サッカーは予選のベスト4で敗れた

やりつくした感があり、それほど悲しみはなかった

それから主将をしていたこともありチーム運営に嫌気がさしていた

個人戦なら必ず勝てるのにと常に思っていた

チームの中には、サボる奴、文句ばかり言う奴、陰口を言う奴、面従腹背の奴、などなど面倒臭いなと感じることが多かった

勿論、当時の私が未熟でありチームを一つに纏めることができなかったとも言える

だから、受験勉強は個人戦だと言う思いと勉強には自信があったからすぐに勉強に切り替えられた

高校サッカーの予選は高校3年生の11月まで続き、あまりに勉強していなかったこともあり初めて受けた全国模試で偏差値40だった

しかし、まあ、そんなもんだろうと思った

親に頭を下げ一浪させてもらった

1年間毎日15時間勉強した

大手予備校で秋口にその年最も偏差値が上がったと言うことで表彰された

受験前に偏差値は75を超えていた

早慶と明治、立教を受験した

明治と立教は全学部合格した

早慶は受かったり落ちたりだった

早稲田が好きだったので早稲田を選んだ

早慶に受かった理由は最後は運だと思う

正直、早慶は運もあるが、それ以外の私立は1年あれば絶対に合格できる

また、早慶に受かるには運が必要だが、少なくとも運で勝敗が決まるところまでは自分で持ってこなくてはならない

私が家庭教師で受け持った生徒で私の言う通り勉強した生徒は早慶以外の私立であれば必ず合格した

早慶は、受かると思ってた生徒が落ちたり、え?お前受かったのって言う生徒が毎年いた

頂きでは運が勝敗を大きく左右する

しかし、その一方で運が左右されるところまでの地力、頂まで登る力をつけなくてはならない

頂きで太陽が見えるかどうかは運だが、頂きに登れなければその資格はない

投稿者: 龍神

勝負事が好きである  当然のごとく勝つことが好きである  勝者の輝きに勝るものはない 勝者は美しい 勝利を求めること以外に人生に価値を見出せない 勝ち方を徹底的に研究し、必ず勝利を掴む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です